年金生活・自由な時間・こだわる釣り・こだわらない釣り・新らしい釣り・をしてみたい

年金釣り師のひとり言 > 2012年度 > 2匹目のどじょう

2012年度

2匹目のどじょう

 

昨日に引き続いて夕方の地合いに的を絞り、同じ所へ行ってきました。





17時半ごろ自宅を出ましたがもう太陽は山の影に落ちていました。 ミニバイクで釣り場に着いて竿を伸ばしてルアーをつけようとしてはっとしました。

 

昨日使用したルアーを自宅に置き忘れてきているのです。一度使ったルアーは水洗いして乾燥させておいたのですが連続釣行なので取り込むのを忘れていました。

 

着いたばかりだし、取りに引き返すのも面倒なので、他のルアーで間に合わせることにしました。

 

結果は吉と出るか凶とでるか・・・。

 

昨日より水位が高いので昨日小さなシーバスをゲットした場所へは移動できず。 というか道路に上がって移動すれば行けないこともなんだけどね。

 

何事にも面倒くさがりなので1ヵ所で粘ることに。 どうせ釣れないだろうし・・・。

 

いろいろルアーを投げてみるが反応なし。

 

そこで、しばらくチヌ狙いで小さなワームつけてそこをずる引きしてみた。 何投か投げるとあたりらしき振動がありルアーは半分食いちぎられていた。 しかし、その後も反応らしきものはない。

 

真上を少し通り越したくらいの位置で半月が笑っている。

 

ちょうどスイカを真っ二つに切り取ったように右半分のみの月だ。 あんなに真っ直ぐ上下に切れてるものだなと感心する。

 

18時のチャイムも鳴り終りそろそろあたりが暗くなってきた。 あと10投げてストップフィッシングとしよう。 そう決めて1回2回3回と数えながら遠投を繰り返す。

 

そして最後の10投目。 心の中でラスト〜〜〜と叫んで遠投した。

 

リトリーブするも何の反応もない。

 

今日もダメか そう思いながら半分くらい巻き上げてきてルアー回収の巻き上げ動作に入った

途端 ドラマは突然爆発した。

 

10メートルちょっとくらいの薄暗闇の水面が爆発してロッドを持つ手にとてつもない重量感が。

 

あっ ほんとに キター!!!ぁ・・・ 間違いなくシーバスだ。

 

この重量感はそこそこのサイズはある。 リールのドラグから道糸が引き出される。

 

リールには逆転ブレーキがついてないのでリールのハンドルに手を添えてブレーキを掛けながら逆転させる。 寄せてはいなし寄せてはいなし 慎重なやり取りを繰り返す。 ここは河口。底は砂地。水深は1〜1.5メートルくらい なんの心配もない。

 

久ぶりの重量感あふれる魚の手ごたえを十分堪能することができた。 玉アミもギャフも持ってない。 ランディングは素手で取るしかない。

 

階段が水中まで入っているので水面近くまで行くのに問題はない。 シーバスが口を開けるタイミングで口の中に自分の指を入れなければならない。

 

鰓で怪我しないようにコワゴワと右手を差し出す。 なかなか口を開けないので何度かやり直して取り込むことができた。

 

水面から引き揚げたシーバスの重いこと重いこと。 もうあたりはすっかり暗くなっているのでルアーの糸をはさみで切ってシーバスをスーパーの袋に無理やり入れた。

 

もちろん頭の部分だけで半分以上はみ出している。 そのまま道路の上まで持って上がりミニバイクのそばに置いた。

 

道具はそのままにしてとりあえずこのまま自宅まで魚だけ持って帰ろうかとも思った。 やはり二度手間になるので引き返して道具を適当に片づけて全部持ち帰った。

 

さぁーそれからが大変。 まず重さを量り長さを測り写真を撮りそれからさばかなくてはならない。 68センチ2.5kg スズキと呼んでいいかまだハネなんだろうか微妙。

 

y21.jpg

 

ヒットルアーはイワシタイプのペンシル。リップは小さくてあまり潜らない。

 

y24.jpg

 

〆て、半身を切り取り娘のところへ持って行ってやった。 すると食事を終ってほろ酔い気分のムコ殿(リョウパパ)が、今からスズキを肴に飲もうということで。 持って行った片身をそのまま持ち帰りの状態でムコ殿(リョウパパ)も我が家に泊りがけでやってきた。 そして刺身にしてもらって自慢話に花が咲く。

 

y23.jpg

 

翌朝は4時起きで真っ暗な釣り場へ徒歩で向かう。 リョウパパは半そで半ズボンなので寒くないかと聞いたが寒くないという。 しかし釣り場では寒かったようだ。

 

5時前に釣り開始しましたがまだ真っ暗でした。 満潮の時間帯だと思ったが潮位はだいぶ下がっており昨夜より1メートル近く低い。

 

水深は50センチくらいしかないだろう。 リョウパパはエギの道具にソフトルアーをつけてシーバスを狙った。 私は昨夜ヒットさせたイワシタイプのペンシルを投げたがあたりなし。

 

夜明け直後のなんとか周囲が見える時間帯に目の前でライズがピークを迎えた。 ルアーをいろいろ変えながら投げるが反応なし。 6時前、二人ともあたりすらない状態でストップフィッシングとした。