年金生活・自由な時間・こだわる釣り・こだわらない釣り・新らしい釣り・をしてみたい

年金釣り師のひとり言 > 2012年度 > 10月8日近所でシーバス

2012年度

10月8日近所でシーバス


最初は軽い感じだった。竿に重量感があまり伝わってこなかった。

 

あ〜またチビすけか 針ガカリが悪くなければいいけどな・・・

 

というのも


前回の釣行では20センチにも満たないシーバスを釣ったものの針が目を貫いていたのでリリースしたものの多分助からないだろうと思ったのである。

 

しかし、今回は少し遅れて抵抗が始まった。 チビすけではないけどそんなに大きくもない。 リールを逆転させるなでもなく3000円台の安物の竿とリールでもなんなくさばける。

 

悪くはないサイズかな。 少し遊んで取り込みにかかった。 足場と水面の落差は10センチもないくらいだ。

 

ランディングのために今回はアイゴバサミを持ってきていたのだが初めてのケースなので 持ってきていたことすらすっかり忘れていて自宅に帰って道具を整理していたときに思い出したものだ。

 

シーバスは鰓が剃刀のように鋭いので下手に素手で触ると大怪我をするかもしれない。 慎重にシーバスが口を開けるのを待って口を開けたら指を口の中に突っ込んで取り込む段取りでチャンスをうかがっていた。

 

するとシーバスがジャンプして私の足元に飛び込んできた。 なんなくランディングできたわけだ。 こんなことはもちろん始めてである。

 

もうあたりはすっかり暗くなっている。18時のチャイムは鳴り終っていた。 移動したこの場所でラスト10回投げて、最初の位置に戻って10回投げて納竿にしようと思っていた。

 

その最初の3投目でヒットしたわけだ。 釣れたルアーは前回と同じルアーだ。 イワシタイプのミノー。

 

y28.jpg

 

いつの間にか小さめのリップは欠けていた。 それがよかったのかも。

 

今回は複数ゲットする予定でストリンガーを持ってきていた。 ストリンガーを使うのは2回目だ。 1回目は春のチヌ(クロダイ)釣りで使ったが潮が引いて釣り上げたチヌは空中でぶら下がって死んでいたのだ。

 

足場と海面は10センチくらいしか離れてなく、釣り上げたシーバスのしっぽは水に浸かりそうだ。

 

ルアーを外してからストリンガーをつけると跳ねて逃げられてしまう可能性もあるのでルアーを外さないままストリンガーのフックにかけようとした。

 

これが大間違いだった。

 

すっかり暗くなっているのでヘッドライトで照らしながらやっていたが、シーバスが暴れて3組ついているルアーのトリプルフックが次々とストリンガーの糸を貫くのだ。

 

これを外すのに大苦戦。 一つ外したかと思うとまた違うところに刺さっているのだ。 おまけにペンチを持ってくるのをすっかり忘れていた。 しかたなく100均で買ったはさみを使ってなんとかストリンガーの方は外した。

 

今度は、ルアーの3組のトリプルフックをシーバスから外さなければならない。 地合いを逃したくないので手早くしたいのだがあきらめてゆっくりと一つずつフックを外していった。

 

そしてストリンガーでシーバスを川の水に浸けこんだがシーバスはもう虫の息みたい。 鰓は動いているがお腹を上に向けている。

 

ラスト10投の3投目でヒットしたので生真面目に残り7回投げた。 ヒットしないので元の位置へ移動した。

 

シーバスは川の水に浸けたまま引きづっていったがなんと亀がきていた。 暗くてはっきりわからないがこのあたりではよく見る亀だ。 草亀か石亀だろう。 明るくても私ははっきりとは見分けられる自信はないが。 もうちょっと粘っていたら亀にかじられていたかもしれなかった。

 

一応シーバスはときおり背中を上にして正常な状態で泳ぐようにはなっていた。 元の位置で10投げして納竿だ。 2投目で道糸が絡まってしまった。 そこで納竿とした。

 

y25.jpg

 

48センチ0.9kgでスズキと呼ぶには程遠いサイズだが、料理するのは手ごろなサイズだ。 さっそく家内にさばいてもらってしゃぶしゃぶにして食べた。

 

y29.jpg

 

ps

 

今日は高松港の満潮が約17時。 なので満潮の1時間前の16時過ぎから釣行開始。 明るいうちはあたりなし。

 

チヌも狙ってみた。

 

チニングを試してみた。 チニングというのはルアーでチヌを狙うこと。 専用のオモリ付き針にワームをさして底を一定速度でずるびきする。 あたりがあっても合わせずにそのままの速度で引き続ける。 という釣り方だ。

 

やってみた。 ときおりあたりはあったが小物風の小さな振動のあたりだ。 合わせずにそのまま引き続けたがワームだけが外れてなくなっていた。 そんなことでワームは3個無くした。

 

100均で買ったルアーでシーバスは釣れるか

 

 

前回のアオリイカヤエン釣行のおりペンシルミノーを2種類買っていたのを試してみた。 そして100均のルアーで釣れたのはなんと・・・

 

y27.jpg

 

↑ これだ。

100均のルアーでルアーが釣れました。 100均のルアーが根ガカリしたので切る覚悟で体重をかけて引っ張っていたらこちらへ寄ってきた。 引き寄せてみると藻と釣り糸が絡み合っているのが寄ってくる。 引き揚げて外そうとしたら中にこの汚れたルアーがあったわけだ。

 

だれだろう ここでシーバスを狙っているやつは 私以外にもいるのは間違いない。

 

私が過去になくしたルアーとはどうも違うし、あれから何度も強烈な台風で大増水している。

 

最近ではルアーを根ガカリロスしても根性で回収することにしている。 真っ暗な川の中にズボンを脱いでパンツ一つになって回収したり、翌日の明るい潮が引いた時間帯に渓流釣りで使うウェーダーをはいて探して回収したりしている。

 

釣り上げたルアーの苔のつき方やフックの錆具合からして半年から一年は経っていると思われる。 一応洗浄してみよう。 使えそうならフックを交換して使ってみよう。