年金生活・自由な時間・こだわる釣り・こだわらない釣り・新らしい釣り・をしてみたい

年金釣り師のひとり言 > 2017年度 > 乗っ込みチヌ釣り7回目

2017年度

乗っ込みチヌ釣り7回目

 

連休の最終日の日曜日混雑を承知で終わりになるかもしれない7回目に釣行した。

今年は今迄6回同じ場所、同じポイントで釣っていたが前回の様子と潮が低いということで初めての場所に挑戦してみた。

 

車横付けポイントを覗くとかなりの人出なので中止。いまだかつて行ったことのないポイントで竿出してみた。 生まれ故郷のすぐ近くである。 車を停めて釣り座まで徒歩33歩である。 落差は階段6段である

7kaime1.jpg

 

車横付けに近いラクチンポイントである。 釣り開始したのはもう11時がこようとしていた。 前日から餌を溶かしてない。 今朝になってから冷凍庫から出してまだ2時間弱である。 ほとんど餌は溶けていなかった。

風はほとんどないので今日はウキ一個からスタートした。

がまかつ2号5mの磯竿に道糸ナイロン1.75号クラス

ハリスはフロロの1.2号

ウキは2Bの1段ウキ

沈めオモリ2B

ハリスオモリ無し

ハリス長さ2ヒロ


撒き餌が溶けてないので集魚剤だけ海水で練って撒き餌としたがバラケてしまい 狙うポイントまで届かない。

海面のゴミの流れから右から左へゆっくり流れているような気がするがウキはほとんど流れない。上潮だけが風で滑っているのだろう。

たとえ得意のポイントでも釣り開始から1時間以上も経たないと釣れないことが多い。 なので1時間は辛抱して初めてのポイントの様子を探ろうとした。

正午のチャイムがなったけど魚の反応が見られない。 ただし、餌はいつのまにか取られている。

私的には釣りの途中で釣り場を変わるような面倒くさいことはめったにしないのだが。 変わる心をして道具を片づけた。

車を勝手に停めさせてもらっているスペースのすぐ下の小さなお宮さんに人が一人きた。 釣れますか? いや、釣れないので場所替わりします。そんな簡単な会話をした。

道具をあらかた積み込んでここでランチとした。

今日は一人アウトドアだ。 インスタント焼きそばを作って食べる。

一口食べたとき・・・ すみませぇん と声がした。 すると、今からお宮さんで行事をするので車を移動させてほしいという。 それなら最初に言ってくれればよかったのに・・・ 車を少し移動させて残りの焼きそばをかき込むように食べた。

yakisoba1.jpg


そして移動した場所も車から近い場所でよく行っていたおなじみの波止。 誰もいない。 しかし、正面からの風がかな強くてやりにくい。

小さなクジメ(多分)とメバルが釣れただけだった。 2匹ともリリースした。

kujime1.jpg

 

mebaru0507.jpg

クジメとアイナメは外観がそっくりであり私には見分けがつかない。 側線の数とか尾びれの形が違うとか言われているがその違いを記憶していない。 多分、このあたりで釣れるのはクジメだと思う。

子供の頃からよく見かける魚でありあまり美味しいと思った記憶はない。 ちなみにアイナメは人気魚であり高級魚と言われているが 小骨が多いので私は好きではない。

ここも1時間くらいでギブアップ納竿とした。

帰るとき入れ替わりに地元の常連が二人やってきた。 そのうち一人が強風で帽子を飛ばされ海水にぽちゃん。 今日は一度も海水に浸けていない玉網で拾ってあげた。

釣果 無し。