年金生活・自由な時間・こだわる釣り・こだわらない釣り・新らしい釣り・をしてみたい

年金釣り師のひとり言 > 2018年度 > 乗っ込みチヌ狙い

2018年度

乗っ込みチヌ狙い

2018年4月9日 今年初の乗っ込みチヌ狙いで出撃した。

海水温がほぼ12度になると予想してなおかつ風も和らぐ予定での出撃だったのだが。

ほぼ一年ぶりにフカセ釣りの準備をしたらメインのチヌ竿が見当たらない。昨年のシーズンオフには丸洗いしてワックスまでかけて片付けたと思うのだが・・・

竿の置き場所はロッドケース内かロッドスタンドに立てかけるかしかないのだが・・・

40年以上釣りをしてきて釣竿を破損させたことは数えきれない。また、大物に竿ごと海中に引きずり込まれてそれっきりというのもあった。

しかし自宅で竿が紛失するということはどう考えても不思議でならない。

今回は予備の磯竿2号5mにした。

餌を仕込んで第一本命ポイントへ着くと誰もいない。しかし、そこそこ風は強い。

しかし、ポイントに対して背後からの風なので釣り開始した。 もう11時を回ってしまっていた。

 

風が強くとても釣りずらいが続いたが辛抱して粘ってみた。 しかし3時間弱でギブアップした。

温度計が調子悪くて海水温が何度かは正確にはわからないが 海水に手首まで手を入れると痛いほど冷たかった。 数十秒浸けておくのが我慢の限界だった。

どうりで魚の気配は全くなしであった。 餌も一度も齧られることもなかった。 低水温にも強い草フグさへもいなかったのではと思う。