年金生活・自由な時間・こだわる釣り・こだわらない釣り・新らしい釣り・をしてみたい

年金釣り師のひとり言 > 2017年度 > 乗っ込みチヌ釣り2018年 5回目

2017年度

乗っ込みチヌ釣り2018年 5回目


乗っ込みチヌ釣り2018


今日は3日連続で今シーズン5回目になる。 天気は快晴で暑くなる予報

珍しく6時前に起きたが、自宅を出たのは9時半ごろである。 満潮時間が13時ごろなので朝早く行っても潮位が低くて釣りづらい。

ゆっくりと洗濯して、録画しておいた30分番組と1時間番組を見ながらコーヒータイム。

そのあとで釣り具の点検をしてリストを見ながら車に積み込んだ。 前回の残り餌と追加のオキアミは朝一に冷凍室から出して解凍しておいた。

5〜6年くらい前までは夜明け前から釣り場へ付いて場所取りをしていた。 しかし、今はそんなことはしない。 もし、お気に入りの場所に先行者が入れば別の場所で我慢する。

昨日も一昨日も先行者がいたので今日も先行者はいるだろうという想定で別の場所もいくつか想定していた。

遠回りしてスーパーでおにぎりを買って10時前釣り場に着くと・・・ なんと誰もいない。

満潮まで3時間あるのであわてることもないので 落し物をしないようにゆっくりとゆっくりと準備をした。

風もほとんどなく波もほとんどない。 なんだか釣れる気配がない。 それで誰も来ていないのかと逆読みしたりした。 しかし、沖合でボラは跳ねている。


風も波もほとんどないので軽い仕掛けでスタートした。 道糸とハリスの結び方はみんながやっている簡単な結び方を試してみた。

あとでこれが裏目に出た。 一発大物に一瞬で結び目から切られてしまった。 もちろんそれからはいつもの結び方に戻した。 しかし、今度はハリスの中央付近で切られてしまった。 ハリスに傷はないはずだが自分で気が付かないうちに傷がついていたのだろう。

2回も切られてショックであったが、やっと40センチを仕留めることができた。

その後、クジメらしき小物、いつものフグ、毒魚のカナコギなどが釣れた。 まだエサ取り軍団はわいてきていないがもう時間の問題だろう。


fugu0420.jpg

kujime0420.jpg

終日50センチクラスのボラが一匹ウキの廻りをうろついていて目障りだったが特に邪魔になるわけでもない。

その後、29センチと30センチの小さなチヌが釣れた。


tinu29c0420.jpg

tinu30c0420.jpg

餌の余力もあるしまだ粘れば釣れるだろうが14時半ごろ納竿した。 今日で3日連続なので疲れた。余力がないのは体力である。

明日は土曜日なので年金釣り師は遠慮することにしよう。体力温存も考えて しかし、行けば一匹とか2匹とか釣れるだろうとは思う。 気が変われば行くかも知れないが、行くとしてもみんながやった後の午後からだね。

今日の落し物は100均で買ったパンツのゴムひもの約30センチくらいだけである。

今日はとにかく落とし物をしないように意識をしながら慎重にゆっくりとした動作でがんばった。

パンツのゴムひもは輪っか状にしておくと大きな輪ゴムみたいに使えるので道具をまとめるのに便利である。

ひとつ買えばかなりの数の輪っかを作ることができる。

 

仕掛けはいつもとほぼ同じだがウキは頻繁に交換した。

竿 磯竿2号 5,0m

リール 2500番逆転ブレーキ付 ドラグ無し

道糸 1,5号 セミフロートライン

ハリス 1.5号 2ヒロ

ウキ 自作ウキ1G〜3B

ガン玉 4G〜G

ハリ 改良チヌ 二号 金色

餌 生オキアミLサイズ。毅襪らい

混ぜ餌 半袋くらい。