年金生活・自由な時間・こだわる釣り・こだわらない釣り・新らしい釣り・をしてみたい

年金釣り師のひとり言 > 2019年度 > 乗っ込みチヌ釣り20191回目

2019年度

乗っ込みチヌ釣り20191回目

乗っ込みチヌ釣り20191回目は様子見を兼ねてボーズ覚悟で 水温11度を超えたのをきっけけに行ってみた。 自宅から車で5分程度の地元の漁港で子供の頃は泳いだりして遊んだところなんだけど。 10時半ごろ行ったら本命ポイントには先客が2人いた。 まずは先客に挨拶した。 とても気さくな人たちで前々から知っているというような応対をしてくれた。 勿論二人とも今回初めて会う釣り人だ。 先客二人は竿一本分も離れてないほど近くでおしゃべりしながら釣っている。 かなり親しい間柄のようで絶え間なく笑い声が聞こえる。 私は先客同士が空けている距離の3倍くらいの距離を空けて竿を出した。 先客が言うは今年は釣れていない。 あんたを入れて今日は3人の内で1匹釣れるかどうかであろう。 と言っていた。 お昼過ぎに先客のうち一人が引き揚げて行った。 残った先客がそのあとへ入るように薦めてくれたので 面倒くさいけどお言葉に甘えて帰って行った先客の後に入った。 お互いの釣り座に座ったまま普通に会話が出来る距離だ。 話をしてみるとすでに40センチ台一匹ゲットしたという。 話を続けるとこのあたりでチヌ釣りをする人は大体知っているという。 私も過去には会っているはずだとも言った。 共通の知り合いも沢山いることがわかった。 彼も年金釣り師で3日に一回の割合で釣りしているという。 あとの2日は農作業だという。 かなりおしゃべりな人ではあるが釣りの腕は確かなようだ。 いろいろ教えてもらっているうちに30センチ台を目の前で釣った。 また、しばらくして20センチ台を釣った。 彼は今日3匹である。 外道の大きなボラも釣った。 私は10時半から14時過ぎで一回も餌をかじられることもなかった。 14時過ぎ潮がかなり下げてきたので彼がそろそろ納竿しようかと 言い出したので私もあきらめて同時に納竿した。