年金生活・自由な時間・こだわる釣り・こだわらない釣り・新らしい釣り・をしてみたい

年金釣り師のひとり言 > 2020年度 > 乗っ込みチヌ釣り 2020年 3回目

2020年度

乗っ込みチヌ釣り 2020年 3回目

日曜日月曜日と二日連続嵐のような雨だった。

低気圧通過後となる火曜日は風が強いだろうと想定して釣行予定にはしなかった。 そして水曜日想定どおりに風がやんだので出かけてみた。

小潮で干潮が正午ごろとなるので潮の条件は最悪に近い。

ほとんど葉桜になってはいるがまだ花びらが沢山残っているところもある。

1回目は運が良くて釣り場が空いていたけど2回目は先客がいて仕方なく他の釣り場で竿をだしたが見事にボーズだった。 なので今回は家事もほったらかしで早めに出かけた。 といってもすっかり日が昇った7時過ぎに家を出たのだが。 想定どおり先客は誰もいなかった。

風もそんなに強くはなくて8時過ぎには竿出できたが餌を前日から解凍してなかったのが失敗だった。 当日の朝一番に解凍しても出かけるのが10時ごろならそこそこ半解凍状態になってくれたが今回は早く出たのでほとんど解けていなかった。

早く溶かそうと海水を多めに入れたのが大失敗。 海水が多すぎてシャブシャブ状態になってしまった。 こんな時のために粉物の集魚剤は一度に投入せずに少し残しておくのだがそれでも足りなくらいで餌がまとまって飛んでくれない。 しばらく我慢してシャブシャブを使っていたが思い切って車まで新品の集魚剤を取りに行ってきた。

今度は水分割合が少なめになるよう集魚剤注意深く足しながら混ぜていった。 逆にちょっと堅めになってしまったが狙ったところへ飛んでくれた。 刺し餌はオキアミなら取られるがトウモロコシだと残ってくる。

一時間くらいたった9時過ぎ釣れたのはやはりフグだった。 フグは今回2匹釣れた。

fugu.jpg

今日もダメなのかなと脳裏をよぎる。 しかし開始から約2時間半くらいしてやっと小さなチヌが釣れた。

tinu1.jpg

その後11時前と11半ごろ釣れて3匹となった。

tonu2.jpg

tinu3.jpg

 

一人道具も持たずにやってきた。 挨拶してくれたので顔を見ると顔なじみの人だった。 彼は私と同じポイントを狙っているので釣り場でよく顔を合わせることがあるのだ。

今日は私が先に入っているので横で釣らせてよと言ってそれから自分の車へ道具を取りに行った。

私が後から入った場合はそこまでできない。 最初に道具を持ち込んで道具を開く前に挨拶して隣で釣らせてくださいと挨拶する。 承諾の返事を聞いてそれから釣りの準備をする。

ダメだ他へ行け なんて言われたことは一度もない。

その後、強烈な引きがあり波止と平行に走ってハリスが切られた。 多分、コブダイだろう。 何度も経験しているので姿は見えなくてもわかる。 まぁ 竿が折れなかったのが幸いである。 過去コブダイらしき魚で竿がど真ん中から真っ二つに折れたこともある。

あとは20センチくらいと 23センチくらいのコッパグレが釣れた。

後から来た人はよく太って卵をもったサヨリを釣った。 これで今晩のおかずになると言って首を折って〆た。

13時過ぎもう満潮に変わっているはずだけど潮がほとんど流れず釣れる気配もない。 もうやめて釣り場を彼にゆずろうかと隣を見ると彼が釣り竿を片付けていた。 私も即納竿とした。

彼は明日また来ると言ったので私は明日は彼にポイントを譲ろうと決心した。 なので明日は釣りに行かないこととする。

彼が明日このポイントに入るので念入りに釣り座を洗って帰宅したのは14時ごろだった。

 

日時 4月 15日 水曜日

実釣時間 8時過ぎから13時過ぎくらいまで

潮 小潮

天候 曇りのち晴れ

あたり回 8回

釣果  3匹

サイズ チヌ 30〜34センチくらいまで

チヌ 2020年累計  6匹