年金生活・自由な時間・こだわる釣り・こだわらない釣り・新らしい釣り・をしてみたい

年金釣り師のひとり言 > 2020年度 > 乗っ込みチヌ釣り 2020年 5回目

2020年度

乗っ込みチヌ釣り 2020年 5回目

今度こそ、 自分の得意なポイントを確保しようと5時半起きで出かけた。 自宅を出たのは6時半を回っていた。 先行者は誰もいない。 しかも快晴でほぼ無風。今日は釣れそう。

スタートしたのは7時過ぎくらいだっただろうか。 まだ潮が低いので釣りづらい。 慌てて仕掛けを投入することはない。

オニューの玉網の柄をセットした。 オニューの玉網にはぜひとも良型のチヌでデビューさせてやりたいものだ。

10時半ごろが満潮なので引き始めの 11〜13時をターゲットにしているのだが場所取りのために早く来ただけなのでゆっくりと準備をしていった。 そして撒き餌を第一投した。 とたんに小舟がやってきた。

なんと目の前に網を仕掛けていたのだ。 やおら網を回収していったがメバルらしき魚が数匹かかっていたくらいしか確認できなかった。チヌは全くかかっているようではなかった。

釣り仕掛けを投げ込む前だったのでよかった。 投げ込んでいたら絶対網にからまっていただろう。

小舟が帰って行ってから釣り開始したが餌のオキアミは即取られてしまう。

なんということでしょう。

こんな時のためにいつもトウモロコシの缶詰を用意してきているのだが今年5回目の今日は忘れてきてしまった。

やっぱり小さなフグが沢山いるようだ。 近年フグが増えたと釣り人は一様にぼやいている。

fugu0424.jpg

その後、根ガカリしてしまいハリスを切ったが大切な自作ウキが流されてしまった。 オニューの玉網の柄で何とか回収することができた。 オニューの玉網の柄のデビュー最初は自作ウキだった。

今までは4.5mの玉網の柄を使っていたがオニューの玉網の柄は5mを買った。 やっぱりかなり重く感じる。 しかし、波止の上から届くのでとても効率がいい。

潮位にもよるが4.5mだとほとんど届かないので斜めの石畳を少し降りなければならず危険をともなっていた。 重いけど5mにしてよかった。

その後も餌取に悩まされしばらく釣り場を休ませようかと思案しているところへ二人ずれがやってきた。 私を挟んで両脇で釣りを始めた。 彼らはコッパグレと30センチには到底届かない小チヌをゲットしていた。

チヌが釣れないのはコロナの影響でチヌがマスクをしているから口を使わないのだろう。 と茶化していた。

私はコロナの影響で外出を自制しているからだろうと思っているけど。

彼らとの距離は8メートルくらいだろいうか。

 

そろそろ満潮の時刻となる10時半ごろやっと一匹ゲットすることができた。 オニューの玉網の柄でオチヌ様を迎えることができた。 きれいにかんぬきにチヌ針2号かかかっている。 まずはボーズ逃れてほっとした。 0と1では雲泥の差がある。

tinu0424.jpg

 

さあ引き潮に変わるこれからが本番だ。 ところが自然というものは残酷なものだ。 今までほぼほぼ無風に近かったのに急に強風に変わった。 それも半端な風ではない。 足を踏ん張って耐えていなければ海に落ちそうなくらい 強い。 ただ背面からの風なので我慢できないことはない。

強風に耐えられる仕掛けに交換していて手が滑り大切な自作ウキと自作潜水ウキを足元の岩の割れ目に落としてしまった。もうあきらめるしかない。

この波止ではこれがあるから注意をしていたのだがまたやってしまった。

しかも、本命の引き潮なのに仕掛けを思いどおりに流せない。 コッパグレが3匹とコブダイの幼魚が釣れた。

kogure0424.jpg

kobudai.jpg

13時過ぎまで耐えたがここでギブアップとした。

帰宅して道具を降ろし残った餌を冷凍した。 とりあえず持ち帰ったチヌとコッパグレ一匹を冷蔵室に入れた。 そしてメダカに餌やりをして缶ビールのプルトップをプチっと開けて時計を見上げると 14時5分だった。

その後、昼寝をしてから道具を水洗いした。

 

日時 4月 24日 金曜日

実釣時間 7時頃13時過ぎくらいまで

潮 大潮

天候 晴れ 無風から風強しに急変

釣果 1 匹

サイズ 35センチくらい

チヌ 2020年累計  7匹